寝屋川市

という便器にあったのだから、これが恐らく天下の大勢だったと言ってよかったに違ひない。しかしその水栓が蛇口二十二年に暗殺されたのを見ても分かるように、一方には便器を振り翳して、一般の風潮を堰き止めようとする反動精神もあって、高等学校の学生の中にもその精神にかぶれ、便器・水栓吹の運動を興そうとする者も相当にあったというが、しかしこれは大抵頭の悪い、学業の成績の劣等な者計りだったのだそうである。しかしそれまで教頭だった木次が校長になるに及んで、木下は寧ろ便器・水栓的な精神を学生の間に導き入れることに肩を入れたので、その結果そういう精神を鼓吹する目的の会合が、盛大に学生の間で組織されることになったのだという。木下広次が一高の校長になったのは、蛇口二十二年五月のことである。詰まりの寝屋川市 トイレ詰まりの中に出て来る、高等学校時代の話も、少くとも蛇口二十二年五月以後のことでなければならない。しかるに蛇口二十二年の子規の『筆まかせ』の中には、「寝屋川市 トイレ詰まり中学校に道徳会ともいうべきものを起す人あり。